フォード・マスタング

フォード・マスタング

フォード・マスタングは、日本でもスーパーカーブームが巻き起こっていた時代に生きていた方なら一度は聞いたことがあるかと思います。

その時はマッスルカーとしてではなく、アメリカ製のスーパーカー、身近によく走っているスーパーカーとして親しまれていたわけですが、マッスルカーとしても人気が高いモデルでもあります。

マスタングでマッスルカーとして扱うことができるのは、1964年に発売された初代モデルと、1969年に発売された日本でもおなじみの2代目モデルとなります。

初代モデルは4ドアセダンのフォード・ファルコンをベースにして作らており、ノッチバッククーペとオープンボディ、後にファストバッククーペボディの3種類が用意されていました。

エンジンは2.8リッター直列6気筒を搭載していましたが、別途注文することによって4.3リッターと4.7リッターのV型8気筒エンジンを選ぶことができました。

2代目モデルは、初代モデルより大型化され、ボディ形状も2ドアファストバッククーペだけとなりました。

実はこのモデルのマッハ1とかマック1とか呼ばれるモデルが当時の日本車のデザインに大きな影響を与えており、トヨタのセリカリフトバックや三菱のギャランGTOなどがまさにそっくりそのままのデザインとなっていたことを記憶しています。

このモデルには、ビッグブロックのHemiエンジンを搭載したBOSSモデルというものがあり、BOSS429モデルでは実測500ps以上のパワーを発揮していたそうです。

 

サイトマップ