シボレー・シェベルSS

シボレー・シェベルSS

シボレーが1963年に発売したモデルがシェベルです。

このシェベルは最終モデルからハイパフォーマンスモデルまで守備範囲が広いモデルとして作られたもので、初代モデルからシェベル・マリブSSというハイパワーエンジンを搭載したモデルを持っていました。

そのモデルが1967年にフルモデルチェンジを受けた際に作られたのがこのシェベルSSで、初代モデルにあったマリブSSと同等のハイパフォーマンスモデルとして売られていました。

このモデルには3つのエンジンが用意されていて、いずれもV型8気筒OHVエンジンで、5.4リッター、5.7リッター、そして一番排気量の大きい6.5リッターエンジンといったバリエーションがありました。

人気のあるのは、後期型のモデル。このモデルには新たに7.4リッターエンジンが搭載されました。

エンジン形式は全く同じものですが、排気量がかなり大きくなったことで最大出力450psというハイパワーを手に入れたのでした。

このモデルは一般的にSS454と呼ばれており、現在日本の中古車市場で販売されているシェベルシリーズの中では一番人気があり、そして一番高い販売価格を付けて売られています。

しかし、こののちに排ガス規制のあおりを受けて大排気量エンジンを搭載することが難しくなり、搭載エンジンも低馬力化されるようになってしまったことから、シェベル自体の人気が無くなり、シェベルSSのようなハイパワーモデルはつくられなくなってしまいました。

 

サイトマップ